任意売却 -ローンでお困りの方-

  • 住宅ローンの支払いが厳しくなってきた
  • 家にかかる税金を滞納してしまった
  • 金融機関からローンの催促状が届いた
  • このままだと自宅が競売にかけられてしまう
  • 競売は仕方がないが、その後の生活が心配……

住宅ローンの滞納は競売の前段階です。債権者有利の条件で売却が行われる不動産の売却では、売り主様の希望が叶わないことも少なくありません。そんなときにご検討いただきたいのが任意売却です。和泉市のライフワンホームが、任意売却のポイントについてご紹介します。

任意売却とは?

不動産買取とは?

住宅ローンを利用して購入した不動産には、金融機関による抵当権が付けられています。しっかりと返済ができていればよいのですが、住宅ローンの支払いが何らかの理由で滞るなどした場合、金融機関は抵当権にしたがい不動産を差し押さえに入ります。その後は競売にかけ、融資の回収を図るのです。この状況を避けるために用いるのが任意売却という不動産売却方法。競売間近の不動産であっても、比較的有利な条件で売却が進められるようになります。

任意売却が可能な期間

任意売却可能 ローン滞納前 ローン滞納が確定してしまった場合は、早めの対策がおすすめです。不動産会社へと連絡をしましょう。
ローン滞納
(3カ月)
金融機関から催促状や一括弁済通知が届きます。放置すると不動産が競売にかけられます。
ローン滞納
(4カ月)
競売開始の通知が届きます。到着から4~5カ月で競売が開始されます。
ローン滞納
(5カ月)
裁判所から競売の執行官や不動産関係者が訪問し、不動産の写真撮影や調査を行います。
任意売却不可 以降 競売が開始され、強制立ち退きになります。この時点では、任意売却は行えません。
任意売却ができなくなるタイミング

理論上で言えば、任意売却は競売開始の前日まで可能であると言えます。しかし実際には、専門家への依頼や債権者への交渉といった作業が必要になるため、現実的ではありません。そのため、任意売却の相談はできるだけ早くに行うのがおすすめです。具体的には、住宅ローンの支払いが滞るとわかった時点で不動産会社へと連絡するのがよいでしょう。もしくは、最低でもローン滞納5カ月が目安とお考えください。

競売前の不動産買取

もしも住宅ローン滞納が確定しそうなタイミングなのであれば、早めの対抗手段として不動産買取もおすすめです。不動産買取は買い主が不動産会社となる売却方法であり、スピーディーな契約成立が特徴です。ローン滞納前に売却を済ませ現金化ができれば、返済資金の捻出が可能になります。

また、任意売却で買い手が付かなかった場合に、不動産買取を活用できるケースもあります。実際には債権者との交渉次第にはなりますが、条件次第では有効な手段と言えるでしょう。

競売と任意売却の比較

  競売 任意売却
売却価格 最低売却価格が市場価格の3~5割引きとなるケースが多く、実際の競売でも市場価格の8割程度になるのが一般的です。 仲介売却と同様の売却価格で売り出せます。残債を大きく減らせる可能性があり、場合によっては住宅ローンの完済も期待できます。
残債の返済交渉 残債の返済方法については交渉の余地がありません。 債権者との交渉次第で返済方法が変えられます。月1~2万円といった無理のない返済計画が立てられるようになることが多く、その後の生活再建の目処が立ちます。
プライバシー 競売執行官などが出入りするため、近所の人の目に触れてしまう可能性があります。また、新聞や公告に情報が掲載されるため、多くの人に知られてしまうでしょう。 売り主様のご要望次第では、秘密厳守で売却が進められます。住宅ローン滞納などを周りの人に知られる心配はありません。
引っ越し費用 売却代金はすべて返済に充てられるため、引っ越し費用などの交渉は行えません。 債権者との交渉次第では、売却代金のなかから引っ越し費用を残せる可能性があります。
今後の生活 競売によってすべて財産を失う可能性もあり、今後の生活に不安が残ります。 債権者との交渉次第で、新生活再建のための資金捻出が可能になります。
  • 当社が選ばれる理由 ~ライフワンホームの特徴~

その他不動産売却メニュー

  • 早く売りたい~不動産買取~
  • 高く売りたい~仲介売却~
  • 安心して売りたい~買取保証~
  • 空き家・空き地・相続について