【不動産相続】空き家を対策

空き家になった実家を相続した。

しかし、実際に相続の必要になった際はしっかりと空き家対策が必要になります。

1.空き家対策

相続したもののだれも住んでいない=住宅は劣化します。

それは当たり前で、空き家になった住宅をそのまま装置していると所有しているだけで固定資産税が掛かる。これは当たり前なのですが、

・放火、窃盗、不法侵入、不法投棄などの犯罪リスクが高まる。

のような犯罪リスクが高まります。

ゴミや建物の一部の散乱、落下などで第三者に危害が加わると、損害賠償に発展する可能性があり、放置による劣化で、不動産の資産価値は下がります。

売却はもちろん空き家管理などの対策を講じることで、こういったリスクは回避できます。

不動産売却について

不動産売却について

ABOUT REAL ESTATE SALE