【マンション売却】マンションの市場と価格動向について

ここ数年、不動産の価格も右肩上がりなのですが、新築マンションを売るときに必要な費用や手続き、不動産会社の選び方などを知っておくと、より高い売値で売ることができます。新築マンションに限らず、不動産売却は焦らないで事前に知識を蓄えることが成功の鍵です。

 

マンションの市場と価格動向について

 

首都圏では、新築マンションの値段は右肩上がりです。2020年から消費税増税があるので、その影響が気になる方もいるかもしれませんが、今後も新築マンションの値段は上がり続けるのではないかと考えられます。なぜならば、2016年に首都圏で新築マンションを購入した人を調査した『不動産流通業に関する消費者動向調査』でも、右肩上がりであることがはっきりと分かる結果が出ているからです。新築から5年以内の住宅が11.1パーセントの人が購入時と同じ金額で売れたと答えていますが38.8パーセントの人がそれ以上の高値で売れたと答えているという結果が出ています。このことから現在は、新築のマンションが高く売れやすい時期であるといことがわかるでしょう。同調査によると2000年代後期から、現在まで首都圏マンションの価格は右肩上がりになっています。そのためあなたが持っているマンションも、思わぬ高値が付くという場合もあるので、マンションを売りたいと考えている人は検討してみるべき時期に来ているといえるのです。

不動産売却について

不動産売却について

ABOUT REAL ESTATE SALE