【マンション売却】マンション売却の種類

マンションを売る方法として「仲介」と「買取」の2種類があります。簡単に言えば「買い手」が不動産業者になるのか、そうでないかによって分かれます。まずはこの2種類について紹介していきます。

 

仲介の場合

 

仲介は不動産会社に買主を探してもらい、マンションを一般の人に売る方法となります。まず売主と不動産会社が「媒介契約」を結び、買主が見つかれば売主と「売買契約」を結びます。

 

買取の場合

 

買取の場合はマンションを不動産会社に直接買い取ってもらう方法です。ただ、全ての不動産で買取を行っているわけではなく、規模の大きな不動産会社や買取・転売などを専門にしている会社だけになりますので注意が必要となります。

 

高く売りたい場合は仲介

 

不動産に査定額を調べてもらい、売り出し価格を決めることができますので少しでも高く売りたい場合は仲介の方がいいでしょう。ただし、購入希望者を探すのに時間がかるので数か月待たないといけないことも普通となります。「すぐに売りたい」や「すぐにでも手放したい」場合は仲介は向いていません。

 

早く売りたいなら買取

 

買取は仲介と違い、時間をかけずに売ることができます。仲介の場合は数か月かかることも買取であれば、価格の折り合いさえつけば3週間で売ることも可能となっています。また、引き渡し後に「瑕疵担保責任」という物件に対して修復義務を負わないといけないのですが、買取ではこの責任を負う必要もありません。

不動産売却について

不動産売却について

ABOUT REAL ESTATE SALE