【マンション売却】高く売れる可能性があるマンションとは

ここ数年は不動産の価格も右肩上がりなのですが、新築マンションを売るときに必要な費用や手続き、不動産会社の選び方などを知っておくと、より高い売値で売ることができます。新築マンションに限らず、不動産売却は焦らないで事前に知識を蓄えることが成功の鍵です。

 

高く売れる可能性があるマンションとは

 

現在は新築マンションの売値が高くなっているので、現在が売り時と言えるでしょう。しかし高く売れる可能性のあるマンションには条件があります。マンションが高く売れる条件は、以下の通りです。

・駅までの距離や、周辺環境
・築年数
・日当たりの方角(日がどの方角から部屋に入ってくるかということ)
となります。
そして、上記3つの条件とはほかに、周辺のマンション流通状況などを加味しマンションの売り出し価格が決定されるのです。築年数が高ければ高いほど売値が安くなるのがマンションの定番なので、築年数が浅いマンションのほど、高く売れる確率が高いといえます。立地や周辺のマンション流通状況などは、マンションを売りたいと思ってもコントロールすることができません。しかし、築年数だけは売り主の決断によりコントロールが可能なので、少しでもマンションを売りたいという気持ちがあるのであれば、早めの決断がおすすめです。そして立地が良く人気のマンションの場合は、新築で購入した当初よりも高値が付くこともありますので、築年数が浅いうちに売ったほうが高値がつく可能性が上がります。つまり高く売れる可能性のあるマンションの条件は築年数が浅く、立地が良い、そして日当たりが良いといった要素がある物件であるといえるのです。

不動産売却について

不動産売却について

ABOUT REAL ESTATE SALE