【空き家問題】空き家を安く売りますって信用できる?①

安い空き家には注意が必要です

「格安で空き家を譲るよ」とかのお話はよくあると思います。

少なからず注意する必要があるので紹介致します。

築年数が50年以上の古い物件

築年数が古くなるにつれもちろん、内外装共に痛みが目立ちます。

空き家の中には人が住んでいないのはもちろん、そのままの状態ではとても住めないという物件も多いのが現状です。

だからこそ低価格で購入が出来るのです。一般的には木造住宅であれば30年程が耐用年数と言われています。そのため、家を支える柱などの大事な部分が腐食してしまっている事もあります。

安いからなどの安易な気持ちで購入したはいいものの活用出来なければ、結局空き家になってしまうので注意が必要です。

不動産売却について

不動産売却について

ABOUT REAL ESTATE SALE