【空き家問題】空き家を手放したい人は増えている

空き家を手放したい人は増えている

現在、空き家を手放したい人は増え続けています。

総務省のデータの見てみても、1998年には約580万戸だった数値が2013年には約830万度戸にも増加しております。

内訳は賃貸用空き家が52%と最も多く、その他の空き家が38%を占めます。

その他の不動産とは、活用方法がなく放置されている空き家の事を指します。なので、不動産会社の流通から外れてしまった物件という事になるので、普通に待っているだけでは買い手はみつかりません。

人口の高齢化、地方の過疎問題などこれらが進んでいくにつれて、
家を相続する人間は少なくなり、今後もますます空き家が増えることは予想が出来ます。
このまま何の活用もされないまま放置され続けると2028年には1,700万戸超え4戸に1戸が空き家になるといった民間推計もあります。

不動産売却について

不動産売却について

ABOUT REAL ESTATE SALE