【マンション売却】マンション買取でやるやるべき事とやらなくていい事

マンションを買い取ってもらう時、どうすれば少しでも高く売れるのかを考えると思います。次は、マンション買取を行う前にやっておくといいものとやらなくていいことを紹介致します。

 

ハウスクリーニング、リフォームはしなくてもいい

 

査定の準備やマンションを売る時にリフォームを行ったり、ハウスクリーニングは必要ありません。リフォームを行うことでその分、費用が増しますが査定額に上乗せされる保証はありません。また不動産会社が査定を行う上で重視するのは「設備・間取り・不具合の有無」となるので、ハウスクリーニングを行い部屋を綺麗にしても査定額に影響しません。但し、仲介などで購入予定者に内覧させる場合は、ハウスクリーニングを行い見た目を綺麗にしておくと好印象になるので必要に応じて行うのはありでしょう。

 

壊れた箇所な修繕する

 

リフォームをする必要はありませんが、設備に破損や不具合がある場合は「修繕」する必要があります。マンションの相場は破損や不具合がない状態の価格を前提とします。その為、不備や破損があると相場よりも低く査定されてしまいます。台所、トイレ、浴槽、給湯器など不具合がないか確認し、あれば「修繕」して正常な状態に戻す必要があります。ただ、金銭や時間に余裕がない場合は修繕を完璧に行う必要はありません。比較的軽微な破損や不具合の場合は割引の対象とならないこともあるからです。

 

壊れた箇所は事前に告知しておく

 

軽微な破損や不具合は修繕をしなくても割引対象にならないと紹介しましたが破損や不具合には変わりありませんので事前に告知事項としてまとめておきましょう。買取を行う際、不動産会社が査定を行うためにマンションに訪れます。その時に不具合個所をまとめたものを渡しておくと査定がスムーズになります。まとめておかないと不動産会社から細かい質問を受けることになります。特に買取の場合はまとめて査定を依頼することも多いと思いますのでその度に同じことを聞かれるのは面倒だと思います。事前にまとめておくことで、その手間を省くことができます。

 

不動産売却について

不動産売却について

ABOUT REAL ESTATE SALE