【マンション売却】マンション買取と仲介はどう違う?売却の流れについて

「仲介」と「買取」の売却の流れについて

 

仲介と買取では、売却完了までの流れが異なります。それぞれの流れについてご説明いたします。

 

仲介の流れ

 

1.不動産会社に売却相談・査定依頼

2.査定価格のご提示

3.媒介契約を結ぶ

4.HPやチラシで販売活動

5.購入希望者の内覧

6.買取申し込み

7.値下げ交渉や契約条件の確認・調整

8.不動産売買契約の締結

9.引き渡し

 

仲介の場合は不動産会社に売却相談・査定依頼をしてから不動産会社の内覧があり、査定金額を提示されます。買い手の目に触れるまで、約2週間~1カ月程の期間を要する事が多いです。そこから内覧や不動産売買契約を行ったりと、全体的に手順が多いのが特徴です。そのため売却完了までは平均で3カ月程の期間がかかります。

 

買取の流れ

 

・不動産会社に売却相談・査定依頼

・査定価格のご提示

・契約条件の確認・調整

・不動産売買契約の締結

・引き渡し

 

買取の場合は不動産会社に売却相談・査定依頼をしてから、不動産会社の内覧があり、買取価格の提示されます。これに合意すれば手続きは基本的には完了です。よって仲介と比べて手順が少なくなります。

売却完了まで最短で3日、通常1週間ほどで全ての手続きが完了するでしょう。

不動産売却について

不動産売却について

ABOUT REAL ESTATE SALE