【不動産売却】大手不動産会社に依頼するデメリットは?

大手不動産会社に相談する

 

大手不動産会社に相談するメリットもあればデメリットもやはりあります。

 

大手不動産会社に依頼するデメリットとは

 

両手仲介になる可能性が高い

 

両手仲介とは不動産を購入する側と売却する側の両方から手数料をとることを言います。大手不動産会社では不動産を購入したいという相談も多い為、購入側から手数料をとることが出来ます。

両手仲介で問題になるのは、不動産を売却したい側だけに味方してくれるわけではないことです。つまり、購入側にとって利益となる

『不動産価格の減額』などを持ち掛けてくることもあります。

 

ビジネスライクに感じる

 

不動産売却は一生に一度あるかないかといっても過言ではありません。その中で、せっかく売却するのであれば誠心誠意対応してくれる不動産会社がいいと思います。大手不動産会社では、営業マンの抱える案件数が多い為ビジネスライクな対応をされること、そう感じてしまうこともあるでしょう。もちろん、営業担当者はそのようにしてるわけではないですが、ドライさを感じることや、営業担当の技量によって売却までの時間がかかってしまうといった事は多くあります。

 

 

>>大手不動産会社に依頼するメリットは?

不動産売却について

不動産売却について

ABOUT REAL ESTATE SALE