【マンション売却】住宅ローンが残っているときはどうする?

マンションを売るとなると、購入時のローンはどうしたらいいのか気になりますよね。まだローンの支払いが済んでいない場合、主に次の2つのパターンが出てくると思います。

〇マンションの売上でローンを完済できる場合
〇マンションの売上でローンを返しきれない場合
では、それぞれのケースで、具体的にどのように対応したらいいのかをご紹介致します。

 

マンションの売上でローンを完済できる場合

 

マンションの売上でローンを支払える場合は、問題なくマンションを売却できます。売却を終えた段階で、お金を借りている金融機関に返済を終わらせ、抵当権(不動産や土地を担保としてお金を貸してもらっている権利)を抹消することができます。マンションが高く売れると、ローン返済だけでなく手数料や次のマンションの購入資金にも充てられるので、できるだけ高く売ることに力を注ぎましょう。

 

マンションの売上でローンを返しきれない場合

 

マンションの売上がローンに足りない場合、抵当権を抹消することができず、家や土地を担保として持っていかれてしまいます。

しかし、「どうしても売上がローンに足りない」という人でも購入できる方法が3つあります。

〇足りない分を預貯金で支払う
〇住み替えローンを組みなおす
〇任意売却を行う
これらは決して万人が使える方法ではありませんが、知っておくといざと言うときに役立ちます。

 

方法1.足りない分を預貯金で支払う


もし、貯金が十分にある場合は、売却額の足りない部分を自分の貯金から上乗せすることで抵当権を抹消することができます。その場合は、ローンを確実に返済できるので、問題なくマンションを売却することができます。

 

方法2.住み替えローンを組みなおす

 

今住んでいるマンションを売却し、別の家やマンションを購入する予定ならば、新居の住宅ローンの残債を上乗せして組みなおす「住み替えローン」がおすすめです。ただし、住み替えローンに上乗せできる残債額に上限があることや、売却にかけられる期間の制限や審査条件などが厳しい場合もあります。また、売却と同時に新居の購入手続きを進めていかなくてはならなくなり、金融機関とのスケジュール調整が厳しくなるので、余裕をもって早めに計画を立てなくてはいけません。

 

方法3.任意売却を行う

 

住宅ローンの支払いが滞っている場合は、任意売却という方法で、ローンを組んでいる金融機関と交渉をし、債務を残したまま抵当権を抹消して通常の売却を可能にする方法があります。もし延滞が続いて残債が回収できなくなると、抵当権で担保になっているマンションは競売にかけられます。競売では通常の売却よりも値段が下がってしまい、あまりお得とは言えません。さらに、任意売却が認められる場合は、ローン返済が滞っていることが条件になります。そのため延滞事故扱いとなり、個人信用情報に記録が残るので、新しくローンを組んだりカードの更新ができなくなることがあります。

不動産売却について

不動産売却について

ABOUT REAL ESTATE SALE