【マンション売却】マンション売却に掛かる費用

マンション売却に掛かる費用

 

マンションを売ってお金にしたいなと考えても、マンション売却の費用が気になる方もいることでしょう。マンション売却に必要な費用は、主に以下の5つです。

 

・不動産会社に支払う仲介手数料
・契約書に貼付する印紙代
・所有権移転登記費用
・譲渡所得税
・司法書士への報酬

 

ここでは、不動産会社に払う手数料、印紙代、譲渡所得税、司法書士への報酬などについて詳しく解説します。不動産会社に支払う仲介手数料は、売却価格×3%+6万円+消費税となっていることが一般的です。不動産会社に支払う仲介手数料は上記のようになっていることが多いのですが、印紙代はその契約物件により異なります。例えば、1万円以上50万円以下の場合200円、5,000万円以上1億円以下の場合は3万円などといった具合です。

譲与所得税はその物件を購入したときよりも安く物件が売れた場合はかかりませんが、購入したときよりも高く売れた場合は税金がかかります。その税金の計算方法は以下の通りでし。計算方法は、

売却代金-(取得費+譲渡費)-特別控除額という計算式で計算し、出た金額が3,000万円以上の場合は譲与所得税が掛かります。売りたい物件に住宅ローンがある場合は残債を完済し抵当権を抹消する必要があり、そのときに掛かる司法書士への報酬が掛かるでしょう。さらに、残債を完済するための手数料が掛かります。

不動産売却について

不動産売却について

ABOUT REAL ESTATE SALE