【マンション売却】簡単にマンションを売る為の工夫 - 内覧時の印象を良くする

内覧時の居心地をよくしてあげる

 


マンションを買う!というのは非常に大きな買い物です。

あなた自身は「売る」側の人間なので「早く誰か買ってくれ~」と面倒くさいかもしれませんが、買う人は「子どものため」「子どもの成長に合わせて」「この地域が好きなので自分が納得するマンションを買いたい」と必死に探しています。なので「条件」「金額」「築年数」「地域」はめちゃくちゃ重要視しますが、中古マンションであれば「どんな人から買うのか」も気にするでしょう。内覧時に立ち会う時もあれば、ない時もあると思いますが、立ち会うことがあればしっかりと対応しましょう。

・対応が悪い
・愛想が悪い
・清潔感がない

などの場合は「この人が住んでいたマンションに住みたくない」という心理が働いて売れません。よって冷暖房をしっかりとかけて居心地よくして、スリッパなども揃えたり、電球を明るいものにして清潔に見えるようにし、オーナー自身も身なりを整えて内覧に挑むようにしましょう。

 

売り出す時期を考え直す

 

マンションは4月の新生活、9月の転職や転勤の時期に売れやすいと言われています。これは基本中の基本なので、売り出す時に不動産会社からアドバイスをもらっているかもしれません。しかし「売る側」としても、その時期まで待てない!という部分があって、売りに出していたかもしれません。このような場合は、いったん売りに出すのをやめて時期を改めてもいいかもしれません。

1月~3月
6月~8月

に売りに出してみるのがいいでしょう。

逆にこの時期に売りに出したけど、売れなかった!という場合は、その時期をずらしてもいいかもしれません。例えば大規模な分譲マンションに住んでいる場合は、この時期を狙ってたくさんの部屋が売りに出されている場合もあるからです。つまりライバルが多すぎて、売れなかったということがあるかもしれません。

このような場合は上記以外の時期を狙うといいかもしれません。

ライバルが少ない、自分のマンションに注目があつまるので、内覧が増える可能性があります。

不動産売却について

不動産売却について

ABOUT REAL ESTATE SALE